ボウリング上達への道@スコアアップ大作戦
ボウリングスコアアップのための独自理論を展開していきます。 特に初級者スコアが100も行かないよ~って方必見!? 中級者以上の方、ボウリングについて語り合いましょう!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

曲げる

僕のボウリングスタイルはいわゆるオーソドックなストローカーに近いものだと思います。

始めた当初はとにかくまっすぐ、体をまっすぐ肩をまっすぐ歩くのをまっすぐとそればかり気にかけて練習してました。
当然あまり曲がらないストローカーになりますね。
手首もあまり使わなかったので縦回転が強くちょい曲がりする程度でした。

あるときメカテクター(リスタイ)をはずして投げても行けそうだったのでしばらく投げてると今度はリスタイをつけるのが面倒になりずっとつけておりません(笑)
フィンガーテープやらもしません。
サムフォールの調整のみです。
何せめんどくさがりなので(笑)

で、そのころからインサイドアウトというスイングを意識しだしてからボールが曲がるようになりました。
とにかくリリースをできるだけ内側にすしフォローは外へ。
すると人よりも曲がるようになりました。
オーソドックススタイルの人と比べると曲がるタイプに変身。
それが面白くレンコンにはまれば打てるのでそのスタイルをしばらくやってました。

が最近壁にぶつかりそれだけではダメだと判断。
そこでインサイドアウトを維持しつつもっとシンプルに楽に投げる方法を考えていたところ

思い出しました。
矢島プロです。
いろいろ試したときにやりましたがすっかり忘れてました。
僕の分析だと矢島プロの特徴は
投球フォームの幅を狭くし横にぶれないことだと思います。
イメージでいうと体のすぐ右側に壁がありそのすれすれに歩いてスイングする感じでしょうかね。
その壁にできるだけ近づいて投げるためにはどうしたらよいか。
体を傾ける。開くというんですかね。
全体を右側を後ろに下げて構えそのまま投球します。
すると簡単に体の中心に近いところでスイングできます。

体の中心に一番近いところでスイングするとき正面を向いて投げるには体をくの字に曲げたりとテクニックが必要です。
しかし試しに体全体を右に向けてスイングしてみてください。
体の幅が一番薄くなるので中心でスイングしやすくなります。
極端に言いましたが少し右に向けてやるだけでずいぶんと変わります。
皆さんそれぞれ工夫してみてくださいね^^

ちなみにその方法だと僕の場合曲がりが少なくなります。
でも安定した生きたボールを投げられるので取り入れて行きたいと思います^^



曲げるだけなら簡単です。
僕がアドバイスさせていただいた中級の方は手を回して曲げていました。
曲がるんですけどね、なんせ安定しません。
そこで手を回さず構えたままの手の形を維持するように進めたところ安定しスコアがいっきにあがりました。
人の手は自然に振るとターンするような動きに勝手になります。
(バックアップのような癖の人もいますが)
余計な動きはないほうが安定しやすいですね。

曲げるだけなら簡単です。
手首を曲げロックし無理やり投げる、手首を回す、極端にインサイドアウトのスイングをする、ローダウンのように肘、手首を使う。
曲がればそれで満足ならそういう方法もありですけどね。

どこを目指すのかによって変わってくるかと思います^^
スポンサーサイト

テーマ:ボウリング - ジャンル:スポーツ

コメント

こんにちは、ゴンさん。いつも有益な解説を有難う御座います。矢島プロはあの空前のボウリングブ-ムの時からスタ-でしたね。今も第一線で活躍され、その投球はボウラ-のお手本になっていますね。
先般、センタ-のプロにレッスンをして貰いました。沢山の修正点があると思いきや部分的な修正だけでいいと言われちょっと拍子抜け。しかし、プロの言う通りに投げると回転が違ってきました。その指摘はまさにゴンさんが今まで教えてくれた内容です。ところで今回の解説で質問があります。レッスン時には体を若干右に向けて自然とくの字に構えていたように思えますがそれでいいのでしょうか?くの字にするのは最初からなのかそれともスイング時なのか教えて下さい。今思えば最初の構えからにした方が体のセンタ-から投げ易いかなと思いますが。
【2007/06/05 10:46】 URL | 三四郎 #-[ 編集]
三四郎さん
いつもありがとうございます。

矢島プロ、芸術だと思います。
以前テレビに出ていたときの映像で投球時、上半身だけ映っていたのですが景色が変わるのに頭、体がまったく動いてませんでした。その場に立っているかのように。
これは真似する価値大ですね^^

くの字にする理由ですがスイングの軌道を確保するためですので当然構えからになりますよね。
僕の方法ですが右足の内側(親指側)に重心を置くとやりやすいように思います。
で、イメージは右足、腕、目線が一直線になる感じです。
何度も言いますが参考程度にしてくださいね。
いろんな方法がありますので^^
【2007/06/05 23:03】 URL | ゴン #-[ 編集]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

ヒデ

Author:ヒデ
自称「ボウリングスコアアップアドバイザー」ことヒデです
ボウリングが楽しくなるように皆さんのお役にたてるように頑張ります(^_^)

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。